u-carを売り渡す際の仕方のことを、当ページでくわしく把握しておきましょう

古い自動車を売却する場合の段取りというと買取と下取りが有りますね。下取の場合というのは新しい自分のくるまのを手に入れる時一緒にこれまでのおクルマを買い受けしてもらうというものです。たいがいは新車販売店が買取をしますので価格は割と低めになるケースが多いです。

他方、買い取りの場合には不要車買い取り専業店が行なっていて、中古自動車という名目で売ることを前提に買取の値段を決めるため、どっちかというと高値での引き上げが望めるでしょう。何れにしてもユースドカーを買い上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に引き上げ額を決めるための見積りが行なわれるわけです。

見たてをして頂く際に気に掛かるのは「リサイクル料」です。マイカーの審査で示される額としては自分のくるまのそのものの額、お車についてくるリサイクル料や自賠責保険などを含めた値段の2種類がありますあります。「リサイクル料」はその使用ずみの自動車を入手した際、若しくはリサイクル料が払われてなかったときには車検を受けた場合に支払いとなるもので、この先中古自動車を廃車にして処分する場合に必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等をリサイクルするさいの代金という名目で使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体する時JARSから払われることになります。

その場合の料金はおおよそ、軽自動車だと8千円程、国産車であれば約1万円、外国製自動車の場合1.5万円くらい、それとは別に2万円程度を納める必要が有ります。大概の使っていた車買上げだと、こうしたリサイクル料を使った自動車の引き取り価格とは別として買い取られるというようなことになる訳ですが、リサイクル料金を含めて引き取り金額としている場合も有り、引き受けを希望する際にチェックしておくということが大事です。

Category: 愛車売却

- 2018年1月30日