車売却とリサイクル料について

中古車を売り払うさいの進め方といえば買取と下取りの2つがあります。下取のケースというのは次のお車を買う時一緒に今迄のユースドカーを買取してもらうというものです。主に新車の取扱店が買取りをおこなうので買取額としてはどちらかといえば低く見られる場合が多いです。

一方、買い取りの方はユーズドカー買い取り専門店が行っているもので、中古の車という名目で売却することを予定して買取りの価格を決めるため、どっちかといえば高値での引受が望めるでしょう。何れにしろクルマを引き受けてもらうことであり、、引き取ってもらう前に買い取りプライスを決定するための見積もりがおこなわれます。

査定をして貰う場合に気に掛かるのはリサイクル料となります。クルマ審査で提示される値段というのは所有車そのもののプライス、ユースドカーについてくるリサイクル料とか自賠責保険など入れた額の二種類が御座います。「リサイクル料」は愛車を購入した際、またはリサイクル料が未納の場合には車検のケースで支払われるもので、先々くるまを廃車として解体処分する場合に必要になるエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等リサイクルする際のコストとなって使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、壊してしまうさいにJARSから支払われることとなります。

コストは、軽自動車だと8千円ほど、国産車で10000円位、輸入車などで15000円ほど、それ以外で2万円くらいをいれる必要性があったりします。たいていの自動車買取りの場合、こういったリサイクル料をクルマの買い取りプライスとは別ということで買取られるというような事になる訳ですが、リサイクル代金を入れて買取値段であるという場合も有り、引き取りをお願いするケースであらかじめ確認しておくことが大切です。

Category: 愛車売却

- 2016年8月29日