買取りや下取りという方法のケースではどちらの方がお奨めですかね!?そのあたりをチェックしていきましょう

中古自動車を売り払うさいの方法は下取や買取などの方法が存在します。下取りは次の自分のクルマを購入した時点で、これまでの愛車について買い取って頂くものです。コチラはドライブが差し障りない車であるならば買値が付くわけですが、古すぎたケースでは反対に廃車にするためのコストを要求される場合もなくはないです。

下取の場合は専門業者が買い取りをするという事ではないので、望んだ金額での譲渡は厳しいですが、新しい中古車と交換する形で乗り換えすることが可能であるといったメリットがあります。一方買取ですと、それ専門のくるま買取ショップにお願いして買い取りして頂くといったものです。その時期がややこしいといった良くない点もあるのですが、引取りされたマイカーに関しては使っていた自動車ということで出回るのが決定されていますので、想像していたより高値での売渡が期待できるはずです。

下取、買取どちらであっても引き渡す時はさまざまな書類を前もって揃えておく必要があります。その必要書類ですが、自動車検査証やクルマの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証が挙げられます。そして実印と印鑑証明や、住民票なども必要です。

手続きの時は委任状や譲渡証明書なども必要となりますが、これらは買取り業者で用意があるはずです。売渡をお願いするこちら側としては、車検証、自動車税の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票更に印鑑証明を用意しておきましょう。見積もり時もそれらに関しては確認されるため、紛失している時は再発行していただく必要があります。

万が一無くしたケースでも見積りそのものはして貰うことは出来るのですが、即買い取りはできないので見積もりの値段に良くない影響が出るでしょう。

Category: 愛車売却

- 2017年4月6日