話題の車査定・事故歴などについて思うこと

中古車売り渡しをお願いした時は、まず審査を受ける事となります。その場合の見積もりは買い取りの専業店の査定担当者がおこなうわけですが、くるま市場の相場などから値段がはじき出されることとなります。

だいたい古いクルマとして売りに出されているプライスの20~30%程度が売値とされていますが、人気車種だったり、珍しい車種だったりするケースでは高い査定がでるといった時もあるみたいです。ほかにも、製造年は新しい方が高い査定となります。ただ、こういった買取の値段はその車が完全な状態のときであって、パーフェクトじゃないときは査定は厳しくなります。特に修復の跡は買取金額に相当影響します。

事故の跡とは言っても定義が曖昧ですが、とりあえずくるまの骨組みであるフレームの部分まで影響しているような事故を起こしてしまった車両は事故車という事になります。そのような事故歴のあるくるまは将来的になにか被害が出てくるかもしれないというリスクが有るため、査定額については短所となってしまいます。一方、フレームにまで影響がなく、外装を直した位であれば問題ありませんが、でも修復歴はつくことになります。

もちろん修復歴が付くわけですから負の害はあるものですが、事故車に比べて低い見積となることは考えられません。他にも、エンジンや変速機などに問題が起きている時にもマイナスに見られますし、日頃の整備の状況が買取価格に関係してきます。

この辺は私達にはわからないところですが、鑑定を行う業者ではシッカリと状態を確認してきます。

どちらのケースでも修理歴としては無いことが自分のくるまの見積金額を上げられるかどうかのポイントとなってきます。

Category: 愛車売却

- 2016年8月7日