話題の買取・下取の査定ってどうでしょう

中古車を手放したい際におけるやり方には買取りや下取りなどの手続きがございます。下取りはおニューのクルマを手に入れた時には、今迄の愛車を買い取ってくれるものです。その自動車がドライブが問題ない車であれば価格が付くわけですが、とてつもなく古すぎるくるまであった際には反対に処分のためのお金を請求されるケースがあります。

下取りは専門店が引受けする訳じゃないので、望むような価格での売却は難しいと思いますが、次のマイカーと取り替えるような感じで乗り換えすることが可能な良い点があります。他方買い取りですと、専門で行っている自動車買い取りの専門店に頼んで買取していただくといったものです。時期が分かりづらいといった短所も有るのですが、引取りされた自分の車はユーズドカーとなって流通されるのが決定事項ですので、思った以上に高い金額での引受けが期待できるでしょう。

買取、下取のどちらであっても譲渡のさいには色々書類を前もって準備することが必要です。必要なものの中には車検証や自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券となります。また実印と印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

引受けのときは譲渡証明書や委任状等も使用すると思いますが、そのあたりは買取専門ショップにて準備してくれるでしょう。売渡を頼むこちら側としては、自動車検査証、自動車税納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、実印と住民票更に印鑑証明を準備しておきましょう。見積もり時もそれらに関しては確認されるので、紛失している時には再度発行してもらう必要がございます。

たとえ紛失していても査定だけは受けることは出来るのですが、すぐに引受けは行えないため見積もり価格に悪い影響が出る場合もあります。

Category: 愛車売却

- 2016年7月25日