日本自動車査定協会の取組だそうな

中古車の買い取りや下取りの時には、最初に査定をやります。この査定とは、売り手側から買い取りや下取りする時に適正な鑑定をするための手続きであり、その為にはさまざまな人たちから理解され、その上合意された手順をしないと良くありません。ただ、ユーザー側からすれば、鑑定がどんな具合におこなわれてるのかちゃんとは存じてなかったり、正当な手順で実施されているのかは案外分かっておくことが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても値踏みというのはユースドカーの値打ちを確定させるとっても重要な過程である為、考えややり方に様々なものがあると社会が混乱する原因にもなってしまうわけです。

そのような混乱を起こさないようにするため日本自動車査定協会という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会とは、適切な鑑定が根を下ろすように活動している機関のことで、消費者が安堵して鑑定に出せて、そして喜べるような結果になるような制度を構築する取り組みをしています。

活動の内容は、例を挙げるとまっとうな査定士を輩出する為の資格試験を実行しており、査定協会が行っている学科さらには実技の研修を受けてもらい、そののち「査定士技能検定試験」に合格することで一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。そうした上で査定士として活動するためには協会への登録を済ませてからになり、健全な心得や規律をもってユーザーの車の評定をおこないます。つまりはしっかりした査定のための資格を保有する者が評定をしますので、消費者も安心して買い取りや下取りに持っていくことが出来るわけなのです。

Category: 愛車売却

- 2016年6月23日