例の車の買い取りとリサイクル料金のこと

自動車を売り払う時の進め方というと下取りと買取りが存在します。下取の場合というのは次の自分のクルマのを購入する際、古いお車を買い受けして貰うというものです。大抵販売会社が買い取りをおこなうため買い取り金額としてはどっちかといえば低価格になることが多いです。

一方、買い取りのケースはくるま買い取り専門店がするもので、ユースドカーとして店頭に陳列することを前提に引き受け額を決定するため、どっちかといえば高値での引き受けが期待できるでしょう。何れにしてもユーズドカーを引き受けてもらうことであり、、引き取ってもらう前に買取り金額を決めるための査定が行われることとなります。

値踏みをお願いする時気に掛かるのがリサイクル料です。お車見積もりで示されるプライスというのはその自分のクルマのそのもののプライス、中古車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料等入れたプライスの2種類がありますあります。リサイクル料はくるまをゲットした際、もしくは「リサイクル料」が未納だったときには車検の時に支払いとなるもので、のちに所有車を廃車として処分する場合に必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルする際の費用となって使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体する場合JARSから払われるということになります。

代金は、軽自動車であれば8千円位、国産車の場合は10000円位、輸入車等であれば1.5万円くらい、そのほかで2万円位を入金する必要性があったりします。大体の車買取だと、これらのリサイクルの代金を自分のクルマのの買い取り値段とは別として引き取られるというようなこととなるわけですが、リサイクル料金を含んで買取り金額としているケースもあり、引受を希望という場合は前もってチェックしておくことが大切な事となります。

Category: 愛車売却

- 2016年5月22日