使用していた車の診断は月賦の終了前だったケースでもOK?コチラで理解しておきましょう

ユーズドカーの買い取り専門店に品評を依頼したものの、ローンが完済できていないといったケースもある筈です。そのような場合は、売るつもりの使用ずみの自動車の権利が自分なのかそれ以外の人なのかどうかまずは見ておくことが必要となります。

実際に、オーナーが誰なのかはなにを見れば分かるのかと言えば、車検証に載っている名前の方が使用ずみの自動車の名義の方という事であります。

愛車を手に入れたタイミングで銀行などのローンを契約した場合だと、こちらの自動車検査証に記載されているお名前がご本人のお名前となっていると思うのですが、そのローン支払いを契約したのが信販会社であった時には名前が信販会社の記載になっているのです。信販会社で分割払いを組む場合何故こういった形でその会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、その答えとしては毎月の支払いが滞った場合、速攻でおクルマを差し押さえて確保することを考えているからです。

そんな理由から所有名義が信販会社になっている場合はその愛車を好き勝手に売り払う事は不可能です。何が何でも手放したいならまずは返済をすべて完済するか支払いローンの組み替えをすることで所有権を貴方の氏名に変更してから売却する必要性が出てきます。ですが、実際そんなことができるのはその時点でお手持ちの資産がたくさんある場合になってしまいます。だとしたら資産があまりない方はどんな方法を取るのがいいのでしょうか。

こうした場合は、査定をしてくださったユースドカー買取店に事情を話すと、中古の自動車の買値から残債分をキレイにし、所有権を貴方自身の名義にチェンジして貰うことができるというワケです。手続きの方も全てを買取専業店に任せることができますので心配ないです。

Category: 愛車売却

- 2018年2月13日