使用した自動車の買取額に修理の跡なんかはどれ程関わってくるのか見ていきましょう

中古自動車の買い取りをお願いした際は、まずは見たてを受ける事となります。その値踏みは買い取りの専門店の担当者が行い、ユースドカー市場の価格等から値段が出されるワケです。

だいたい中古車ということで販売されている金額の2~3割ほどが買取額とされていますが、人気の車種ですとか、稀少車種でしたり等のケースでは高い買取額がでるなどの時もあるでしょう。他にも、製造年は新しい方がいうまでもなく高く売れます。ただし、こうした見積価格は中古自動車がパーフェクトな状態の時であって、そうじゃないときには低い査定となります。中でも修復の跡といったものは買取の値段に相当響きます。

事故車といっても定義は微妙なところですが、とりあえずお車の本体であるフレームの方にまで及ぶようなアクシデントをしてしまったお車は事故車という事となります。このような修復歴のあるくるまは後からなにか負の影響現れるという危険が有るため、見立てについては悪材料となってしまいます。とはいってもフレームの方にまでダメージがなく、外装を修理した位だったら大丈夫なのですが、ですが事故歴としてはつくことになります。

言うまでもなく修理歴としてはついてしまいますのでマイナスの影響は有るものですが、事故車より低く見積もられることはないです。その他、エンジン等にトラブルが発生しているケースでもマイナスに見られますし、常日頃からの維持管理の状態が査定額に関係してきます。

その辺りは我々には分からない部分ですが、見たてをおこなっている専門業者としてはキッチリその部分も確認してくる筈です。

どちらにしても修理した跡が無いという事がくるま買取額をアップできるか否かのポイントとなってきます。

Category: 愛車売却

- 2017年4月18日