使った車を売りはらう場合の進め方のことを、ここできちんとチェックしておきましょう

不要車を売りわたす時のやり方といえば下取と買取というのがございます。下取りのケースは新しいお車を買う際、古いクルマを買上げて頂くというものです。ほとんどはディーラーが買取りを行うのでプライスはどっちかというと低価格に見られることが多いです。

一方、買取りの方は古い車の買い取り専門店が行なっていて、古い車という名目で店頭に陳列することを予定して引き上げ価格を決めるため、どっちかというと高値での買取が期待できます。いずれにしろ中古の車を引き受けてもらうことであり、、引き受けてもらう前に買取り価格を決めるための査定がおこなわれます。

見立てをお願いする際に気になるのは「リサイクル料」です。使っていた自動車の評価で提示される金額としては自動車それ自体のプライス、車に附随するリサイクル料とか自賠責保険等を含んだプライスの二つの種類がございます。「リサイクル料」はユースドカーを手に入れた際、もしくはリサイクル料が未納だったケースでは車検を受けたさいに支払いとなるもので、将来、使用済みの自動車を廃車として壊してしまう場合必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルするさいの費用として使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまうケースでJARSから支払されるということになります。

料金は大体、軽で8000円程、国産車であれば1万円程、外車ですと1万5千円程、そのほかで2万円程度をいれる必要が有ります。大体の使用ずみの車買上げであれば、これらのリサイクルの代金を使った自動車の買受け価格とは別として引き取られる事になるんですが、リサイクル代金を含んで買取値段であるというケースもあり、引受けを頼む場合には前もって確認しておくということが必要です。

Category: 愛車売却

- 2017年5月31日