今日はクルマ買取業者とオークションに関して

マイカーを売り渡すやり方は、最近までは自動車販売会社の下取、もしくは中古車販売店への売却が普通でした。次の車を購入予定の自動車販売会社に下取をお願いし、新車を買っていくお客さんが最近までは割といたのですが、今となってはそれをチョイスするお客さんは少ないようです。下取の場合が、比較すると安くなりやすいことが発覚してしまったことと、オークションへ行くという目新しい方法が知れ渡り始めたからです。

ユースドカーメインのオークションというものが開催されていて、ユースドカーの専門ショップやディーラーなどもそういった場所で売ったり買ったりします。普通ですと加わることができませんが、代行のお店を使用することにより、普通のお客さんだとしても自分の車をオークションを利用して引き渡しが可能となっております。そして、もう1つのやり方である古い車専門のお店への売却では、最初にマイカーを鑑定してもらい、納得のいく価格を提示されたら商談の成立です。

中古自動車のお店は、こうやってゲットした古い車をキチンとメンテナンスして店先で売ったり、オークションに出したりなどします。どんな手立てを選ぶのかは人によりますが、何を望んでいるのかによりベストな選択は変わってきます。何が何でも1円でも高い金額で買い取って欲しい、というのであるならば、オークション代行専門業者に依頼するのが一番高い金額で引き渡しできる可能性があります。とはいえ安心して引き取って欲しい、信頼できる専業店に売って、大事に乗ってくれる人に売って貰いたいというのであれば、新車販売店や中古自動車専門業者の方が安心かと思います。

代行の方に頼んだら、売れない限りはメンテの代金を考慮しなくてはいけないので、販売に時間がかかるなら必要経費が大変になるリスクをはらんでいます。中古自動車専門ショップなら買取する方が見つからなくてもお金をもらうことが出来るというアドバンテージが有ります。

Category: 愛車売却

- 2016年6月29日