中古自動車を売り渡す際の手続きに関することを、このページでできるだけわかっておきましょう

不要車を売りはらうときの仕方には下取と買取のどちらかが存在します。下取りの場合というのは次の所有車を入手すると同時に古いユースドカーを引き受けて貰うというものです。たいていは取扱店が引き取りをおこないますので売却額の方はやや低価格に見られがちです。

逆に買い取りのケースはユーズドカー買い取り専業店がやっているもので、使った自動車という名目で売ることを予定に引き上げの額を決めるので、割りに高目の買上げが望めます。何れにしろ不要車を買い上げてもらうことであり、売却をする前に引き取り額を決定するための審査額がおこなわれます。

評定をおこなうとして気に掛かるのがリサイクル料になります。中古の車の見立てで提示される値段としては所有車本体の金額、自家用車に付いてくるリサイクル料とか自賠責保険といったものを含めた価格の二つの種類があります。リサイクル料は不要車を購入した際、もしくは「リサイクル料」が払われてなかった時には車検を受けた場合に支払われるもので、後に使用していた車を廃車にして解体する場合必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などをリサイクルする時の代金として使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体するさいにJARSから払われることになります。

その場合の料金は、軽なら8000円位、国産自動車で約1万円、輸入車ですと1.5万円程、その他で2万円くらいを納める必要がございます。大半の古い車買上であれば、こうしたリサイクルの代金を古い車の買取り額とは別として買取されるという事になるのですが、リサイクル代金をいれて評価の金額としてる場合も有り、引き取りを希望するケースで前もってチェックしておくことが求められます。

Category: 愛車売却

- 2017年4月24日