中古自動車を売り渡すときのやり方について、ここらできちんと確認していきましょう

古い自動車を売りはらう時の手段には買い取り、そして下取りというのが有ります。下取りの場合は次のマイカーを購入する時に今迄お乗りの使用済みの車を買い取っていただくというものです。だいたいは販売店が引受けを行うので買い取りプライスのほうはどちらかというと低価格に見られがちです。

他方、買取の方はお車買い取り専門店がやっているもので、使用済みの車として店頭に出すことを予定に買い受けのプライスを決めるため、わりと高プライスの買受が望めるでしょう。いずれにしろ使用ずみの自動車を買い取ってもらうことであり、引き受けてもらう前に買い取りプライスを決めるための審査額がされることとなります。

審査を行う時気に掛かるのは「リサイクル料」です。使用していた車の審査で示される値段というのはユーズドカー本体のお値段、クルマに附随するリサイクル料とか自賠責保険などを加えたお値段の二種類がございます。「リサイクル料」はその使用済みの車を入手したさい、若しくはリサイクル料が未納だったときには車検の場合支払いになりますので、この先クルマを廃車として壊してしまう場合必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等をリサイクルする時の料金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する際に自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

費用はだいたい、軽で8千円程、国産車であれば10000円程、外国の車とかで15000円くらい、それとは別に2万円ぐらいを納める必要があります。たいていの使用した自動車買い受けの場合、これらの「リサイクル料」を古い車の引き受け価格とは他として引き受けされるというような事になるのですが、リサイクル代金を入れて審査の値段であるという場合も有り、見積もりを希望する時にはまえもってチェックしておくのが重要です。

Category: 愛車売却

- 2017年12月29日