下取や買取といった手順に於いてはどちらがお勧めでしょう?そちらについてチェックしていきましょう

中古自動車を売る際におけるやり方としては買取りや下取りなどの方法がございます。下取りといえば新しい自分のクルマを入手した際には、前乗っていたクルマのことを買い上げていただくというものです。そのくるまが走行が可能な中古車であるなら買値がつくわけですが、とんでもなく古すぎるものだった時だと反対に処分費用を求められるケースがあります。

下取の場合は専門ショップが引き取る訳じゃないので、希望金額での売却は難しいでしょうけど、新しいくるまと交換のような形で乗り換えすることが可能ないい点があります。その一方買い取りはといえば、それ専業の中古自動車買取ショップに依頼して買取していただくものです。時期が分かりづらいなどの短所も存在しますが、買取をされた中古車は中古車として出回るのがそもそも決定されていますので、割かし希望するような価格での買受が期待できるでしょう。

どちらの場合でも譲渡の際は必要書類をまず用意することが必要です。必要書類としては自動車検査証、車の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証が挙げられます。そして印鑑証明書や実印、住民票といったものも必要となります。

譲渡の場合は委任状や譲渡証明書なども使用するかと思いますが、そのへんは買取り業者にて用意してくれると思います。手続きを頼みたい側としては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、住民票、実印あとは印鑑証明書を準備しておきましょう。鑑定時もこれらについてはチェックされるため、失くしたケースでは再発行することになります。

仮に無くしたケースでも格づけそのものだけをして頂くことはオーケーですが、その場ですぐの買受はしていただけないので査定額に悪い影響が出ることとなるでしょう。

Category: 愛車売却

- 2017年4月14日