とうとうです、車買取、そしてリサイクル料について

自家用車を処分するときのやり方としては下取と買取の2つがあります。下取のケースは次の自動車を手に入れる時一緒に前のマイカーを買受して貰うというものです。たいがいは新車の販売店が引き取りをするため買い取り額はどっちかといえば低めになるケースが多いです。

もう一方の買取のほうは愛車買取専門店がやっているもので、ユースドカーという名目で店頭に並べることを予定に引受の価格を決定するので、どっちかというと高値での引受けが望めるでしょう。いずれにしろマイカーを売る事であり、売り払う前に引受け額を決定するための審査が行われることとなります。

審査をお願いする際に気に掛かるのがリサイクル料です。自分の車の鑑定で提示される価格というのはその車本体の価格、自家用車に付いてくるリサイクル料や自賠責保険など含めた金額の2つの種類があります。リサイクル料は自動車を手に入れたさい、または「リサイクル料」が払われてなかったときには車検を通したケースで支払われるもので、将来的に自動車を廃車にして処分する場合必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等リサイクルする為の料金として使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、解体処分する時JARSから払われることとなります。

代金はだいたい、軽で約8千円、国産車の場合で10000円くらい、輸入車等だと1万5千円程、そのほかで約2万円ほどをいれる必要があったりします。だいたいのユーズドカー買い取りだと、そうしたリサイクル料金をお車の引受け額とは別で買い取りされるというようなことになるのですが、リサイクルの料金を含めて評定プライスだというケースも有り、買取りを希望する時には先ずは確認しておくことが大切です。

Category: 愛車売却

- 2016年5月24日