とうとうです、車見積りと必要書類のことを考えてみた

くるまを手放したい時における方法は買取りや下取りなどの種類がございます。下取りはおニューのマイカーを入手した時点で、これまで乗っていた自分のクルマを引き受けていただくというものです。その自動車が運転が差し障りない自動車であるならプライスが付くのですが、とてつもなく中古だった際には処分のためのお金を求められる事だってあり得ます。

下取ですと専門ショップが買取りする訳じゃないので、希望金額での買取はムリでしょうけど、新しい車と交換をする形で乗り換えが可能であるといった良い面があります。一方買い取りですと、それ専門のユースドカー買取ショップに依頼して買取をしていただくものです。その手続きが難しいなどの良くない点も有るわけですが、買い取られた愛車は中古自動車となって市場に出回ることがもともと決まっていますから、思っていたよりも望むような値段での買取りが望めるでしょう。

買取、下取どちらのケースでも手続きのさいにはいろいろと書類をあらかじめ用意することが必要となるでしょう。必要書類の種類には車検証や車の納税証明、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。そのほか印鑑証明と実印や、住民票といったものも必要となります。

売却の時は譲渡証明書や委任状等も必要書類になりますが、そのへんは買い取りの専業店が用意してくれます。売却を望む側としては、車検証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印そして印鑑証明が用意すべきものになります。値踏みの際もこれらに関しては見られるため、紛失のさいは再発行する必要がございます。

仮に紛失していても査定だけをしていただくことはOKですが、その場ですぐの譲渡はおこなえないため査定価格に悪影響が出ることになります。

Category: 愛車売却

- 2016年5月15日