ついにきた、中古車査定と事故車について

古くなった愛車引受けを依頼した場合には、初めに審査を受ける事になります。その際の査定に関しては買い取りの専門店の査定士おこない、自動車市場の相場などから算出されることになります。

普通は中古のくるまということで売られている値段の20~30%程度が買取り価格と言われていますが、売れ筋のくるまだったり、稀少車種などの場合には高い値段が付くなどの場合もあるみたいです。その他、製造年は新しい方が高い査定となります。ただし、これらの見積価格は愛車がパーフェクトな状態のときであって、完全ではない時だと低く査定されます。中でも修理歴などは買取の値段にかなり関係してきます。

修理の跡とは言っても定義が微妙ですが、基本的にクルマの基礎となるフレームの部分にまで影響しているようなアクシデントを起こしたクルマはこれに当てはまります。そうした修復歴のあるくるまは将来においてなにかしらの悪影響が出る危なさが有るので、買取の値段に於いてはマイナスとなります。とはいえ、フレームの方にまで影響が無く、ボディを手直ししたくらいであれば問題ありませんが、それでも事故歴はついてしまいます。

勿論、修理歴は付くわけですからデメリットの被害は有るのですが、事故車に比べて低い査定となることはないです。その他、エンジンやギアなどにアクシデントが出ているケースもマイナスという事で査定されますし、日頃の点検整備の状態がプライスに関わってきます。

このへんはトーシロにはわからないところですが、値踏みをする買い取りの専業店としてはちゃんとその辺りもチェックしてきます。

どちらの場合でも修理歴としては存在しないことが古くなった愛車の見積もりを上げられるかどうかの条件となります。

Category: 愛車売却

- 2016年5月19日