ついでに残債がある車の売却

車の買い取り専門店に値踏みをオーダーしたものの、分割金を完済していない事もあり得ます。そういった際には、売るつもりの自動車の所有がアナタ自身なのか別な人なのかをまずは確認しておくことが必要です。

本当のところ、持ち主についてはなにを見たら分かるかというと、自動車検査証に載っている氏名の方がクルマの所有者となります。

マイカーを買った時点で銀行などのローン支払いを設定した場合だと、この車検証に載っているお名前が自分自身のお名前となっているのですが、分割払いを組んだのがクレジット系の会社などの場合はお名前がクレジット会社の記載となっている訳です。信販系で分割払いを組む場合どうしてこのような形で信販系の会社をオーナーとして記載するのかというと、その答えは返済が滞納された場合に、すぐにマイカーを差し押さえて確保できるようにするためです。

そういった事情から所有名義が信販会社にあるケースではその所有車を好きなように売却することは無理なことです。どうあれ売却したいならまず返済を全部終了させるか割賦契約の組み替えをして所有者をアナタの名前に変えた上で売却することが求められます。とはいえ実際にこういった手続きが可能なのは今お手持ちのキャッシュがたくさんある時に限定されます。ではお金が不足している人はどういったやり方が望ましいでしょう。

そんな時には買取査定をやっていただいたくるま買取店に相談すると、車の買い取りの値段から残った支払い分を賄い、所有者をご本人の名前に変更していただくことが出来ます。手続きの方も完全に買い取り専門店にオマカセ可能なので問題ありません。

Category: 愛車売却

- 2016年7月13日