そうれ!車査定 事故歴などの感想、所感

古い中古車引受けを依頼したときには、まず鑑定を受けることとなります。査定については買取り業者の査定担当者がすることになり、ユースドカーマーケットの金額などから値段がはじき出されることとなります。

大体、中古のクルマとして販売されている金額の20~30%程が買取額とされていますが、人気の車種であったり、希少価値のある車である等の場合には高い査定がつくケースもあります。それと、製造年が新しい方が高い金額となります。他方、そういった買取り価格は愛車が完全な状態の時であって、そうじゃないときにはマイナスに査定されます。特に事故の跡等は見積に結構影響します。

修復の跡といっても定義が微妙ですが、基本的にはくるまの骨格であるフレームの部分にまで跡を残すような事故を経験してしまった車両は事故車扱いになります。そうした修復歴のある車はそのうちなにか被害が出てくる危険があるので、プライスについては短所となるのです。一方、フレームの方には影響がなく、外装を修理したぐらいなら無問題ですが、ですが修理歴としては付いてしまいます。

無論、修理歴が付くので良くない被害はある訳ですが、事故車に比べて低い鑑定額となることはないです。他にも、エンジンやギアなどに問題が起きているときもマイナスという事で見積もりされますし、普段からの維持管理の状態が買取額に関わってきます。

その辺りは私達には気づかない所ですが、審査を行っている買い取り専門店としてはちゃんと状態をチェックしてきます。

どちらのケースでも修理歴としてはないことが自分のくるまの買取金額をアップできるかどうかのポイントとなってきます。

Category: 愛車売却

- 2016年8月4日