これは・・・車査定の事故歴などってどうでしょう

古くなった自動車売渡をお願いした時は、まずは査定を受ける事になります。その時の鑑定の方は買取専門ショップの査定士行い、オークション市場の金額などから値段がはじき出されることになります。

だいたいユースドカーということで売られている額の20~30%程度が査定額とされているようですが、売れ筋の車だったり、珍しい車などの場合には高プライスがつく時もあるようです。他にも、製造年が新しければ新しいほど高く売却できます。ただし、こういった見積価格はその車が完全な状態の時であって、完全じゃないときは値踏みは厳しくなります。中でも修理の跡などは買取金額にとても影響してきます。

事故の跡とは言っても定義は微妙なところですが、基本的には車の基礎となるフレームにまで駄目になっているようなアクシデントを起こしたくるまはこれに当てはまります。そういった事故車は将来において何らかの被害が出現する危うさがあるため、見積もりに於いては駄目なものとなります。とはいえ、フレームの部分まで影響が無く、ボディを直したぐらいだったら無問題ですが、それでも事故歴が付きます。

勿論、修復歴は付くのでデメリットの被害は有るわけですが、事故車より低い査定となることは無いです。それと、エンジンや変速機などに問題が出ているときにもマイナスという事で鑑定されますし、常日頃のメンテナンスの状況が見積に影響されます。

その辺は我々にはちんぷんかんぷんですが、査定をする業者の方ではしっかりとその辺をチェックの対象としてきます。

どちらにしても修理歴はないことがくるま買取プライスを上昇できるかどうかの最低条件となります。

Category: 愛車売却

- 2016年7月30日