これは・・・中古自動車査定制度のこと

古い車の下取や買取の時には、最初に査定をするものです。この場合の査定とは、お客さんから下取や買取の時にちゃんとした見立てをするための工程であり、それを行うためには多くの人から容認され、かつ了解された段取りでないといけません。とはいえ、ユーザー側からしたら、鑑定がどんな感じで実施されているのか具体的に認識していなかったり、しっかりしたやり方で調査されているのかはなかなか認識することが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても審査というものはその車の値段を決めてしまう非常に大切なプロセスなので、方法や考えに色々なものがあると世間のパニックの原因にもなるのです。

そういったパニック状態を生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という名の機関が設立され、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」とは、キチンとした査定が行われるように取り組んでいる協会であり、私たちが不安なく査定に出せて、しかも納得のいく土台作りの務めをしています。

分かりやすい活動の内容は、例えば健全な査定士を輩出する為の検定をおこなっており、査定協会が行っている学科と実技の研修を受け、それから査定士技能検定試験という試験に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として勤務するためには教会へ登録することが必要となり、きちんとした基本的なことや義務でもってユーザーのくるまの評価をおこないます。つまり適正な見積のための資格を持つ方が査定を行いますので、私たちもリラックスして下取または買取に愛車を提出することが可能となるわけです。

Category: 愛車売却

- 2016年4月9日