これこそ買取や下取り、リサイクル料のことを考えてみた

中古車を処分するときの進め方といえば買取、そして下取というのが有ります。下取の場合というのは新しい自分のクルマのを入手すると一緒に今までのクルマを引き取ってもらうというものです。大抵は新車取扱店が買取をおこなうため買い取り額はどちらかといえば低目に見られる場合が多いです。

他方、買取りのほうはクルマ買取り専門の業者が行っており、中古の車として店頭に出すことを予定して引受け価格を決定するので、どちらかといえば高値での引取りが望めるでしょう。何れにしろユースドカーを売却することであり、売却をする前に買取り金額を決めるための査定がおこなわれることとなります。

査定をお願いするケースで気になるのがリサイクル料となります。くるま鑑定で提示される金額としてはそのマイカーそれ自体のプライス、自分のクルマのに付いてくる自賠責保険やリサイクル料などをいれた金額の二種類がございます。「リサイクル料」はマイカーを入手した場合、又はリサイクル料が未払いの場合ですと車検を通した場合に支払いとなるもので、のちに自家用車を廃車にして壊してしまう場合に必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等々リサイクルするさいの代金として使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、解体する時自動車リサイクルシステムから支払われるということとなります。

費用は大体、軽であれば8千円くらい、国産車の場合で10000円程、外国の車等で15000円程、そのほかで2万円程度をいれる必要性があります。大概のお車買い取りですと、こういったリサイクル料を自動車の引取り価格とは他として引き受けされるという事になりますが、リサイクル料をいれて買い取り額であるという場合も有り、引受けを希望するケースでチェックしておくのが大事なこととなります。

Category: 愛車売却

- 2016年8月13日