これこそ中古車を売る時の残債のことを考えてみた

マイカー買取専業店に審査をオーダーしたものの、残債を完済できていないということも考えられます。こうした場合は、売ろうとしている中古車の持ち主が自分自身なのか別の方であるのかを何はともあれ見ておく事が必須です。

実際に、所有者が誰かについてどこを見ると分かるのかと言えば、車検証に記載されているお名前の方が自動車のオーナーとなるのです。

くるまを買うときに銀行が提供している分割払いを設定された時には、こちらの「自動車検査証」に書かれている氏名がご本人の氏名になってるはずですが、割賦払いを組まれたのがクレジット系の会社であった際は氏名がローン会社の名前となるはずです。クレジット会社で分割払いを組む場合どういう理由でこのような形で信販系の会社を所有者として登録しているのかと言いますと、それは月の払いが滞った時に、即自動車を差し押さえして確保するためです。

そういった理由で持ち主名義がローン会社にある場合はそちらのマイカーを自分の都合で売る事はできません。それでも売却したいのであれば残債を全部支払するか支払いローンの組み替えをすることで持ち主をご自身の氏名に変えた上で売却をする必要があります。さりとて実際にこういった手続きができるのはその時点でお手持ちのお金がたくさんある場合に限定されます。だったら資産がないならどういったやり方がいいのでしょうか。

こうした場合は、査定を行って下さった車買い取りのお店に事情を話すと、車の売値から残債分を完済させ、所有者の欄を自分自身の姓名に変更してもらうことが可能です。手続きに関しても全部買い取り専門店に任せられるので問題ありません。

Category: 愛車売却

- 2016年5月13日