これが車買取、そしてリサイクル料ってどうでしょう

クルマを売るときの方法といえば下取りと買取りの両方があります。下取りのケースというのはおニューの愛車を手に入れる際に今迄の自分の車のを買受していただくというものです。大体新車の販売会社が買い取りをするのでプライスのほうはどっちかといえば低目に見られる場合が多いです。

もう一方の買い取りの方はユーズドカー買取り専門の業者がおこなっており、ユースドカーという名目で店頭に出すことを前提として引受の額を決めるので、どちらかというと高めの引受が望めるでしょう。何れにしろ車を引き受けてもらうことであり、、売却をする前に引受金額を決定するための見積もりがされることとなります。

審査をして頂く場合気になるのはリサイクル料となります。クルマ鑑定で示される額としてはその自分のクルマのそれ自体の価格、ユーズドカーに附随する自賠責保険やリサイクル料等いれた値段の二種類がございます。「リサイクル料」はくるまを入手した場合、若しくは「リサイクル料」が未払いだった時には車検の時支払われるもので、先々自分のくるまのを廃車にして処分する場合必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などリサイクルするさいの代金ということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、壊してしまう場合にJARSから払われることとなります。

費用は大体、軽自動車なら8000円ほど、国産車であれば1万円程、外国製自動車とかで15000円位、その他で2万円くらいを入れる必要があったりもします。多くのクルマ引受では、こうした「リサイクル料」を愛車の引受金額とは別ということで買取られるということとなるんですが、リサイクル料金をいれて評価の金額としているケースもあり、引き取りを希望という場合にあらかじめチェックしておくのが大切な事となります。

Category: 愛車売却

- 2016年5月26日