お待ちかね、車査定「事故歴など」

古くなった中古車売渡を頼んだときには、一番初めに審査を受けることとなります。査定については買取り業者の査定担当者がすることになり、ユースドカーマーケットの金額などから計算されることになります。

一般的に古いクルマということで売り出されている価格の2~3割位が買取プライスとされていますが、人気車種や、稀少車種等の際には高い見積金額が出る場合もあるみたいです。また、年式は新しい方がやっぱり高額となります。一方、そういった査定額はそのくるまが万全な状態のケースであり、パーフェクトじゃないときだと査定は厳しくなります。なかでも事故の跡等は見積もりに大きく影響します。

修理の跡といっても定義があいまいですが、基本的には車の基礎であるフレームの方にまでダメになるようなアクシデントをしてしまった車両は事故車という事になります。このような事故車はいつかなにかしらの悪い影響が現れる危険性が有るので、見積価格に於いてはマイナスになります。その一方、フレームの部分にまで影響しておらず、外見を修復したぐらいであればならないですが、事故歴がつくことになります。

モチロン修復歴が付きますので負の影響は有るのですが、事故車に比べて低く値踏みされることは無いでしょう。ほかにも、エンジンなどにトラブルが出ているケースもマイナスという事で見積もりされますし、日頃からの維持管理の状況が買取プライスに影響してきます。

この辺りはトーシロには気づかない所ですが、査定を行う買取専門ショップの方ではキッチリ状態を見てきます。

いずれにしても修復歴は無いことが古いくるまの見積価格を上昇させることができるか否かの条件となります。

Category: 愛車売却

- 2016年8月2日