お待ちかね、ローンが残っている車の売却

マイカー買い取り専門店に値踏みをして頂いたものの、割賦払いを完済できていない場合もあり得ます。そうしたケースでは、売ろうとするお車の所有者がアナタ自身なのか別な人なのかどうかについてまず確認する必要性があるのです。

実際に、持ち主に関してどれを確認すると良いのかというと、車検証に載っている氏名の方がマイカーのオーナーということになります。

愛車を購入するタイミングで銀行系の分割払いを組まれたケースでは、こちらの車検証に記載されている氏名が自分自身の氏名になっている訳ですが、分割払いを組まれたのがクレジット会社だった場合だと名前がそちらの記載となっています。信販系で分割払いを組む場合何故こんな形でその会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その理由としては支払いが滞ったりしたら、スグに車を担保として確保するためです。

そういった理由によって持ち主名義がローン会社にあるケースではそのお車を自分の好きに売却することは出来ないのです。とにかく売却したいのであればまずは支払いを全て終わらせるか、支払いローンの設定し直しをすることで持ち主を自分の名前に変更してから売り払う必要性が出てきます。とはいっても現実にこういった手続きができるのはその時点で持っているキャッシュがとても多い時になってしまいます。だったらキャッシュがあまりない人はどういったやり方がよろしいのでしょうか。

こうした場合は、見積もり査定をおこなってくれたマイカー買い取り専門店にご相談頂けますと、所有車の買取価格から残った返済分を返済し、所有者の欄をご自身の氏名に変えてもらうことが可能です。手続きに関しても全てにおいて買取店にオマカセできますから心配いりません。

Category: 愛車売却

- 2016年7月5日